生活・人生

2012年12月12日


2012年に映画館で観た映画に関するいろんなトップ12 - 子持ちししゃもといっしょ

2012年に映画館で観た映画に関するいろんなトップ12 - 子持ちししゃもといっしょ

映画, まとめなぐごはいねがー!(訳:泣いているお子さんはいらっしゃいませんか?) こんばんは、来年の日本海メロンマラソン大会をなまはげのコスプレで走る気満々のいとっとです。日本海メロンマラソンは秋田県男鹿市で行われる夏場のマラソン大会でしてコースはハーフと10kmだけという比較的距離が短めの大会なのですが、開催が真夏ということで暑さによる体力消耗がとても心配になるハードな大会です。来年はこの大会...

はてなブックマーク - 2012年に映画館で観た映画に関するいろんなトップ12 - 子持ちししゃもといっしょ はてなブックマークに追加

カテゴリー:生活・人生
http://d.hatena.ne.jp/itotto/20121211/1355234676

2012年12月11日


“考察”したくなる日本映画【メッセージ性】 - NAVER まとめ

“考察”したくなる日本映画【メッセージ性】 - NAVER まとめ

「2006年邦画ベスト1」の呼び声高い、女性監督・西川美和×主演・オダギリジョーによる最新作。 故郷を離れ、東京で写真家として活躍する弟・猛。母親の法事で久々に帰省し、兄・稔が切り盛りする実家のガソリンスタンドで働く昔の恋人・智恵子と再会する。猛と智恵子とは一夜を過ごし、翌日、兄弟と彼女の3人で渓谷へ遊びに行く。猛が智恵子を避けるように写真を撮っているとき、智恵子が渓流にかかる吊り橋から落下する。...

はてなブックマーク - “考察”したくなる日本映画【メッセージ性】 - NAVER まとめ はてなブックマークに追加

カテゴリー:生活・人生
http://matome.naver.jp/odai/2135505944337799001

2012年12月05日


極私的韓国暴力映画ベスト10 - NAVER まとめ

極私的韓国暴力映画ベスト10 - NAVER まとめ

軽い知的障害があるために殺人の容疑を掛けられたトジュンと、 事件を解決して息子の容疑を晴らすために駆けずり回るトジュンの母。 別に悪人なわけではなく、ただただ駄目で無能なだけの警察と弁護士。 やりきれなくなるような、とてもつらい結末へ。 息子を守るためなら残酷にもなれるトジュンの母が示すように、 別に残酷な人だから残酷なことができるっていうわけじゃないってことに気付かされる。

はてなブックマーク - 極私的韓国暴力映画ベスト10 - NAVER まとめ はてなブックマークに追加

カテゴリー:生活・人生
http://matome.naver.jp/odai/2135467877397881101

2012年11月29日


得体の知れない怖さがトラウマになる映画 - NAVER まとめ

得体の知れない怖さがトラウマになる映画 - NAVER まとめ

大司教ラシュマンが自宅で刺殺される。 事件直後、現場から血まみれで逃亡した青年アーロンが逮捕されるが、彼は父親も同然の大司教を殺すはずはないと訴える。 アーロンは事件当日、何者かが現場にいたようだと言うが、彼の記憶はそこで途絶えていた。

はてなブックマーク - 得体の知れない怖さがトラウマになる映画 - NAVER まとめ はてなブックマークに追加

カテゴリー:生活・人生
http://matome.naver.jp/odai/2135398753721025701

2012年11月22日


中目黒シネマズ

2012.11.24 中目黒に無料映画館が生まれます。

はてなブックマーク - 中目黒シネマズ はてなブックマークに追加

カテゴリー:生活・人生
http://nakamegurocinemas.jp/

2012年11月14日


傷んだ物体/Damaged Goods: チキンとプラム/明日また会える人へ

傷んだ物体/Damaged Goods: チキンとプラム/明日また会える人へ

オフィシャルサイト “人生は吐息、人生はため息、そのため息をつかむのだよ”何に限ることなく、ワタシがなんらかの深さで感情を削られる界隈の極意と言ってもいいナセル(マチュー・アマルリック)の師匠によるアドバイスは、マルジャン・サトラピがエグザイルとして自分を切り離すことで持ち得た真理なのだろう。ため息は人生を否定する小さな徴であり、メランコリーの種であり、影に隠れているとは言え退廃の入り口である。だ...

はてなブックマーク - 傷んだ物体/Damaged Goods: チキンとプラム/明日また会える人へ はてなブックマークに追加

カテゴリー:生活・人生
http://blogs.dion.ne.jp/orr_dg/archives/10983282.html